江戸川区西葛西
ユウ歯科クリニックのインプラント

1198OAM.jpg

OAM(大口式)インプラント法とは?

従来のドリルを使用してインプラント(人工歯根)を入れる手術は、骨を削り取るため、骨の幅が狭いとインプラントができない場合や骨移植などの大掛かりな手術が必要な場合がありました。

OAMインプラント法は、骨表面に小さな穴を開け、専用器具を用いて少しずつ穴を広げてインプラント(人工歯根)を埋入する新しい治療方法です。骨をほとんど削らないため、出血や痛み、術後の腫れも少なく、体への負担も少なくてすみます。また、術中の不快な音や振動も少なく、怖がりの患者さんでも安心して治療が受けられる安心・安全なインプラント手術法です。

 

―ドリル式インプラントと比較して―

●骨の削除が少ない!

●出血が少ない!

●痛みが少ない!

●術後の腫れが少ない!